知っていますか美容整形

窓豊胸手術には大きく分けて、シリコンバッグを入れる手術と、自分の脂肪を使った施術の脂肪注入があります。このどちらの手術もメリットとデメリットがあります。シリコンバッグを入れる手術のメリットは効果の持続性です。筋肉や加齢などの衰えなどによっても違いますが、長期間バストスタイルを維持することが可能です。最近でのバッグは触った感触も自然で、仮に手術後にバストの大きさを変えたいという場合でも入れ替えをするだけで変更することができます。デメリットとしては、多少の傷が残ることや安全性です。バッグを入れるためには傷は残ります。また、今のバッグは仮に破損しても体に影響の少ない物を使用しているので安全性は高くはなっていますが、体の中にバッグを入れているという不安感は取り除けません。逆に脂肪注入による手術は安全性の高い施術です。自分の脂肪を取り出し、取り出した脂肪を洗浄・選別し脂肪以外の不純物を取り除き体内に注入します。自分の脂肪を使う点や使う際のプロセスもしっかりとしているので、拒否反応を起こす心配もありません。この脂肪注入にもデメリットがあります。長期間の効果が望めないことです。自分の脂肪を使っていることもあり、徐々に体の中に取り込まれバストは小さくなるというデメリットがあります。どちらもメリット・デメリットがありますがどちらも豊胸手術として効果の高い施術です。

コメント

コメントを受け付けておりません。